多彩で豊富な品揃え、ずっと美しいプリザーブドフラワー

美しさをいつまでも

プリザーブドフラワーはとても長持ちするという点において、他の花とは全く異なります。しかも、いきいきとした状態のままで保つ事ができます。普通の花を育てる様にお手入れは全く必要ありません。

プリザーブドフラワーは機能的に花というよりは置物であると言った方がいいかもしれません。短くても数年は楽しむ事ができ、さらにいい環境で保存していれば、10年ほどは美しさを保つ事ができる様です。

普通の花は長く咲いていない事もあり、季節が変われば枯れてしまう事もあります。しかし、プリザーブドフラワーはそんな事はありません。

しかし、プリザーブドフラワーにも弱点がないわけではありません。さらに長持ちさせるにはポイントがあります。プリザーブドフラワーは直射日光に弱いのが特徴です。部屋の中においておく場合でも注意が必要ですね。

直射日光が当たらない様に置く場所を工夫したり、周りを覆っておくなどしておくといいでしょう。

そして、湿気があると痛みやすいのも特徴です。湿気を防ぐためには置く場所に気をつける他に、防湿剤を用いるといいでしょう。可能であれば、ケースに入れて保存しておく事をおすすめします。