多彩で豊富な品揃え、ずっと美しいプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーの仕組み

プリザーブドフラワーはまず、花の部分だけをカットします。できるだけきれいな状態の物を選びましょう。花弁にはぴんとはりがある物の方がいいでしょう。

そして、虫に食べられたり一部でも痛んでいる物はできるだけ避けた方がいいでしょう。そして、いい花を選んだら、次に脱色剤に付けてあげないといけません。

花がすっぽりと入る大きさに専用の脱色剤を入れ、花がすっぽりとつかる様にしてあげます。そうすると、次第に元の色が抜けて色が薄くなります。

そして、次に着色液の中に花を入れます。元の花の色とは全く違った色を付ける事もできます。着色液に付けておく時間は決まっているようです。

そして、着色液に指定の時間付けたら、今後は色が付き過ぎている部分の色を少しだけおとして、ちょうどいい色になる様に調整します。

そこで先ほどの脱色剤に少し付けるなどして余分な着色をおとすなどして調節します。そうするときれいな色になるのでそのまま乾燥させる事で、とても美しいプリザーブドフラワーのできあがりです。